キャッシュレス消費者還元事業/クレジットカード、電子マネー、QR、お店で導入すべき決済方法は?

2019年10月から2020年6月末までの実施を予定されているキャッシュレス消費者還元事業(ポイント還元事業)。

国主導のこの事業は消費者にとっては5%のポイント還元、お店側には端末代無料、手数料軽減など多くのメリットがあることから、導入を検討中の店舗オーナーさんも多いかと思います。

キャッシュレス消費者還元事業 公式サイトでは利用可能な決済事業者がずらっと並んでいますが・・

決済方法を知ろう

どういう基準で選べばいいのか?
自分の店に合う決済サービスは?
そもそもキャッシュレスってやつがよくわからない・・

わかる、わかる・・なんだかよくわからないっていうその気持ちとってもわかるわ~

えと・・そんなオーナーさんがピッタリな決済事業者さんと巡り合えるよう、それぞれの決済方法について解説するよ。

キャッシュレス導入するなら急がねば・・な理由はこちら↓↓↓

決済方法は公式の決済事業者一覧ページで以下の4種類に分類されてて検索できるようになってる。

・クレジットカード
・電子マネー
・QRコード
・その他

決済事業者にはひとつの決済サービスを扱う事業者と、複数の決済サービスを代行する事業者がある。
単独契約の決済事業者は決済手数料が割安なケースが多い。
決済代行業者には複数の決済を1度に導入できて売上も一括管理できるってメリットがあるよ。

クレジットカード

クレジットカードのメリット

利用者が多い
スマホ無くてもOK
デビット、プリペイド なら簡単に作れる

クレジットカード決済は利用者が多いっていうのが最大のメリット。
使い過ぎが心配で持たない人も多いと思うけど、JCBやVISAなどのブランドデビットカード(口座の残高から即時引き落とし)、プリペイドカード(前払い)もあって、意外と持ってるって人も多いんじゃないかな?

そう、デビットやプリペイドってキャッシュカードやポイントカードにいつのまにか結構くっいてるのよね~。分割や後払い、月払いはできないけど、お店でもネットでも普通にクレジットカードの代わりに使えてる。

スマホもクレジットカードも持たない人、どちらも決済で使いたくないって人にピッタリ。
審査なしで子供でも作れるカードもあるから、実際5%還元始まったら使う人も増えると思うけど・・

思うけど・・?

クレジット導入のデメリット

サインや暗証番号入力が必要
読み取り端末が必要

導入に審査があり時間がかかる場合が多い

ん?今サインとか暗証番号なしで使ってるよ?

うん、ままが買い物してるスーパーやコンビニはサインも暗証番号もなしでお買い物できるね。
これはスーパーやコンビニがカード会社とサインなしでOKの契約を結んでいるからなんだ。
一般の店舗ではまず結べない特別な契約で、普通は金額に関係なくサインや暗証番号が必要だよ。
磁気かICチップか、タイプによってカードの読み取り方も本人確認の方法も違う・・と取り扱いがちょっと複雑なんだよね。

それだと数百円のお買い物とかレジ混んでる時はカード出しにくいかも・・
お店側も導入前に手順をしっかりお勉強しとかなくちゃだね。

クレジットカードはタッチ決済もできる!

実はね、今発行されてるクレジットカードって、かざすだけのタッチ決済に対応したカードに代わってきてるんだ。

お~!それなら使いやすい!

ですが、、今は残念ながらタッチ決済できるお店も少ないし、対応してる決済事業者も少ない
なぜかと言うとこのクレジットカードのタッチ決済は NFC TypeA/B に対応した 端末が必要なんだけど、日本では Type F の FeliCa が主流だから。
クレジットカードのタッチ決済を導入したいオーナーさんは NFC TypeA/B に対応した決済事業者を選ぼう。

さらっと言っちゃってるけど NFC TypeA/B ってなんなのさ・・

決済事業者を選ぶ時のポイントはいろいろあるけど、 NFC TypeA/B に対応してるのかType FFeliCa に対応してるのかどっちも対応してるのか?は結構重要なポイントだと思うよ。

だからなんなのって・・

NFCはかざすだけでの通信を可能にする技術で、日本では Type FFeliCa が決済の主役になってるけど、海外では NFC TypeA/B が主流なんだ。
例えばイギリスではロンドンオリンピックを機に NFC TypeA/B を使ってのタッチ決済が急速に普及して、買い物はもちろん電車やバスにもタッチで乗れるようになったんだ。

あ、日本でいう Suica やPASMO ってことか。

そう。 FeliCa はすっかり日本人の生活に根付いてるけど海外からきた人にとっては TypeA/B の方が都合がいい。
だからオリンピックを控えて NFC TypeA/B の需要が高まるんじゃないかってボクは予想してるんだ。

NFC TypeA/B対応決済事業者Square

電子マネー

電子マネーのメリット

タッチ決済でサインも暗証番号もいらない
スマホで管理して使える

交通系カードなら年齢問わず抵抗なく使える

クレジットコーナーからの流れになるけど、ここで言う”電子マネー”は NFC Type Fに対応した決済だよ。
Suica やPASMO など交通系カードの他、カードにチャージして使うタイプ、おサイフケータイ対応スマホに紐づけて使うタイプ・・と、たくさん種類があるよ。

サインや暗証番号なし、タッチでOKだとお店もお客さんも使いやすいね。

うん、 Suica やPASMO なら子供からお年寄りまで、抵抗なく利用できるし、 おサイフケータイ対応スマホなら電子マネー管理アプリに 電子マネーやクレジットカード情報を入れられる。
サインや暗証番号が必要なクレジットカードもかざすだけで使えるようにもできるよ。

あ、私のスマホ、おサイフケータイ対応してないや。 FeliCa ってのが入ってないからなのか、、

でも、これから FeliCa 入ってないスマホでもタッチ決済できるようになるSDカードが出てくるらしいよ。
それをスマホに挿すことでタッチ決済が可能になる。
ただ、 NFC TypeA/B に対応したお店じゃないと使えない。

なんかわけわかんないこと言ってると思ったけど、 NFC のタイプって重要なのね・・

電子マネー導入のデメリット

読み取り端末が必要
支払いの確認をしっかりする必要がある
あるていど電子マネーへの理解が必要

あ、ところで、クレジットカードやデビットカードに電子マネーがくっついたカードって持ってない?

うん・・セブンのキャッシュカードにデビットカードと電子マネーnanacoが付いてきた。
楽天のクレジットカードには電子マネー楽天Edyが付いてきたけど・・これ、どうやって使ったらいいの?

いくつも機能があるカードは支払いの時に「クレジットで」「 nanaco で」って伝えればいいんだ。
後払い、チャージ式、口座引き落とし・・と、お金の出どころが違うからどれを使うのか伝えないとクレジットのつもりだったのに電子マネーとして決済されてしまってチャージ額不足に・・なんてことにもなっちゃう。
お店側はクレジットと言われたらお客さんからカードを預かって読み取る。電子マネーと言われたらお客さんにタッチしてもらう・・っていう風に決済方法を変えることになるよ。

「カードで」って言うだけじゃダメなのね。

うん、これはスマホでの決済でも同じ。
「オサイフケータイで」じゃなくてnanacoで、Edyで、って電子マネーの種類を伝える必要がある
もし「オサイフケータイで」ってお客さんに言われたら「はい、どの電子マネーにしましょうか?」って感じでお客さんが不快に感じない言い方で聞いて欲しい。
「それじゃわかりません」とか、言い方次第ではお客さんとトラブルになりかねない。

あの、私おサイフケータイ対応じゃないから仕組みがよくわからないのですけど・・

オサイフケータイや Google Pay 、 Apple Pay はスマホの中に入ったお財布ってイメージ。
アプリをダウンロードして、使いたい電子マネーを登録しておけばお店でタッチ決済が可能になるんだ。

あ、だから電子マネーの名前を伝えなきゃなのね。

決済代行業者なら一度にたくさん導入できるけど、ちゃんと対応できるか?スタッフに教育できるか?不安なオーナーさんは扱う電子マネーの種類を絞るのもひとつの手だよ。

QRコード

QRコード決済のメリット

初期費用がかからない
決済手数料が安い
キャンペーンの多さが集客につながる

お店で1番導入しやすいのがこれ。
お客さんがスマホでQRコードを読み取るからお店側は読み取る為の端末を用意しなくていい。
QRコードの印刷されたパネルを置いとくだから気軽に始められるね。

○○payってやつね。競争が激しい分ポイント還元やキャッシュバック大々的にやってるのがうれしい♪
昨日は某payでお買い物したらくじで1000ポイント当たったし、お得度で言ったらナンバー1だね♪

うん。”お得”ってポイントは強いよね。
お店側にとっても 決済手数料無料、売上金の振込手数料無料・・などなど嬉しい特典を用意してくれてるとこも多いんだ。
ただし、直接契約なら手数料無料でも決済代行業者を利用する場合は代行業者が設定した手数料がかかるから注意してね。
ままはQR決済アプリいくつくらい使ってるの?

5つくらいかな?キャンペーンチェックして1番お得かな?ってとこ使ってるよ。
還元額の上限超えたら次・・って感じで順繰りに使ってる・・って言っても使いだしたの最近だけど、、

使う前は恥ずかしくて使えないって言ってたのに、いつのまに、、
今はちょっとスタンプラリー的な楽しみ方もできるほどキャンペーンが充実してるから新規のお客さんに来てもらうきっかけになると思うよ。

QRコード決済のデメリット

セキュリティ面の不安
事業者の乱立
お客様が金額入力の不安

QR決済もいろいろなとこがやってるけど、あんまりいっぱい入れるとQRコードだらけでレジ周りゴチャゴチャしないかな?

それがね、実は”統一QR”っていうのがスタートしてて、ひとつのQRコードで複数の○○payに対応できるようになるんだ。
今のところ Origami Pay、J-Coin Pay、メルペイ 、 au PAY、ゆうちょPay、YOKA! Pay 、 LINE Pay、d払い が参加予定。
一斉スタートじゃなくて徐々に参加していく形になるよ。

レジ周りゴチャゴチャ問題は解決するわけね。

けど、始まって間もないサービスだから不具合やセキュリティへの不安を持つ人もまだまだ多いのは確か。

セブンペイの問題もあったしね・・

確かに・・あれで「スマホの○○payは使わない!」って思ってしまった人増えちゃったし、そうなるとお店への導入も躊躇しちゃうね。
お店として心配なのが、お客様が金額を入力するシステム。コンビニとか大きいお店はお店側が金額入力してお客さんのスマホのバーコードを読み取るから心配ないけど、お客様が金額を入れる場合は画面の確認をしっかりしないと。

わざと少ない金額入れちゃう人もいるかもだけど・・私みたいに老眼で「小さすぎて見えない!」人や私みたいに「指が太すぎて狙ったとこ押せない!」人にはちょっと困ったシステムなのよね。

お店も慣れてないんだから「お客さんとお店の共同作業」って感じで進めれば、いいコミュニケーションが生まれるって可能性もあるよ。

そうそう!しばらく誰とも喋ってない時に「わからないところや不安なところないですか?」って優しく声かけられた時はあったかい気持ちになったわ~

・・・よかったねぇ。

結び

それぞれにメリットデメリットがあるわけだけど、お客さんとしてキャッシュレス決済を使ったことが無いオーナーさんは、実際に使ってみるとイメージをつかみやすいと思うよ。

うん、私も最初利用した時は緊張しちゃったけど・・今や「これは残るな・・これは消えるかも・・」って勝手に予想するまでになっちゃった。

それは・・ちょっとわかるかも・・。お店として決済事業者を選ぶ時、お客さんにとっても使いやすいものなのか?魅力あるサービスなのか?を知るのは重要なポイントだよ。

スケジュール的に厳しいから、10月の5%還元までオーナーさんはやること、考えることいっぱいね。

ボクもちょっとでもオーナーさんの決断の助けになるよう、次は実際に決済事業者の比較をまとめてみるよ。
しばしお待ちを・・