クリアラテも自作できる?フレーバーウォーターを飴で作ってみる

結論から先に言っちゃう。

残念ながら今回飴でクリアラテは出来なかった。うん、クリアラテはダメだったんだけど・・代わりにとってもおいしいモノもできた。で、成功したフレーバーウォーターもあった。てことで、失敗のクリアラテも含め実験報告スタート!

そもそもフレーバーウォーターって?

香りや風味付けされたお水がフレーバーウォーターって呼ばれてる。以下の2種類もフレーバーウォーターだよ。

  • 水に果物や野菜、ハーブなどを漬け込んで作るデトックスウォーターと呼ばれてるもの。
  • ペットボトルなどに入れて販売されている風味付けされた水

デトックスウォーターは漬け込む素材によって健康効果が期待できたり好きにアレンジできるとこが魅力。スムージーと違って素材丸見えでインパクト大だから今の時代に合ったドリンクって言えるね。

この最強なビジュアル・・お店に置いてあったらさすがのボクもキャッキャ言っちゃう。ただ、自分で作るとなると・・・

  • 手間がかかる
  • 費用がかかる
  • 日持ちしない

こっちは特別な日にでもつくるとして・・・今回は簡単にいつでも作れる超お手軽バージョンに挑戦してみたよ。

クリアラテに挑戦

発売時にはニュースでも取り上げられた話題のクリアラテ。最初に買いに行ったお店では売り切れ、2店舗目でも数えるほどしかなくて、試してみたい!っていう人が多かったのがわかる。

右:クリアラテ 左:水

現物をよーく見てみると・・・クリアと言ってもほんのちょっぴり、ちょっぴりだけど薄〜い茶色。完全無色なら無理だけどほんのり色づいた程度のものなら・・・と期待を込めて実験スタート。

使った飴

用意したのはこの2種類。

左:春日井/炭焼珈琲 右:春日井/ミルクの国

あとで配合を計算しやすくなるため、あえてカロリーオフではない飴を選択。そうそう、飴で作るお水といえば、オードリーの春日さん。節約のためにペットボトルに飴玉をそのまま入れて溶かして作ってたんだよね。

今回は微調整するためと溶けやすくするため、細かく砕くことにしたから砕きやすいハードタイプの飴を選んでみたよ。

まずはレンジで溶かす

クッキングシートに飴を乗せてレンジで加熱。溶け出すと早いからレンジの前でじっと見つめて待つ。

[画像:ミルク飴]

それでもちょっと焦げる。
まぁ、コーヒーは元々豆を焼いたものだしミルク飴は色からしてキャラメルラテっぽくなるんじゃないの?てことで、これでいいことにする。次にクッキングシートで挟んで綿棒の先でガシガシ砕く。

お、なんだかオシャレじゃない?

水に溶かす

配合は珈琲4:ミルク1
同じカロリーになるように計算。

  • クリアラテ 100ml/10kcal
  • 珈琲飴・ミルク飴 100g/402kcal   1g4.2kcal

水100mlに飴約2.4gでクリアラテと同様になる。
飴が1コ約6gだから・・2.4の2.5倍。水も2.5倍にすると・・

飴1コで250ml
飴2コで500ml

てことはクリアラテ500ml飲むと飴2コなんだけど1本に600ml入ってるから、余裕で2コ以上食べちゃってるってことかぁ・・

左:クリアラテ 右:飴ウォーター

なんて言ってる間にあっという間にコーヒー色の液体になっちゃった、、、クリアならず!

お味は?

クリアラテ

クリアラテ 
原材料ナチュラルミネラルウォーター
砂糖類(砂糖・果糖)
乳清ミネラル
食塩
コーヒー
香料
酸味料
エネルギー10kcal (100ml)
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物2.5g
食塩相当量0.00~0.04g

香りも味も甘い。コーヒーも顔を出すんだけど、それよりも何か違うものが前面に出てくる。バニラエッセンス?カラメル?それが何なんだろうってずっと考えてたんだけど、やっとわかった。

コーヒー牛乳だ!

コーヒー牛乳は好きなんだけど・・気になったのはふわっとした甘みの合間に顔を出す酸味。コーヒーの酸味とはちょっと違う気がする。これは好き嫌いが分かれそう。成分表を見ると酸味料が入ってるから後味スッキリを狙っての、あえての酸味なのかな?

あと、乳清ミネラル。コーヒー飲料では味を整えるものとして使われているらしい。ちなみに原料の乳清はうま味と酸味がある。

で、結局お味はどうなんだというと、甘いのが好きで、後味の酸味が気にならならなければ、あっさりした甘いコーヒードリンクっていうことで、受け入れられそう。カロリーが100mlで10kcalと、普通のラテの3分の1、コーヒー牛乳なら5分の1くらいっていうのも魅力。

ボクは・・・やっぱり酸味がちょっと気になっちゃった・・・
あとこの甘さでこの量はちょっと多く感じたんだけど、これも個人差あるだろうなぁ。

なんちゃってクリアラテ

炭焼珈琲豆 
原材料水あめ
砂糖
コーヒーエキス
コーヒー末
植物油脂
香料
乳化剤
エネルギー402kcal  (100g)
たんぱく質
0.6g
脂質3.3g
炭水化物92.4g
ナトリウム35mg
ミルクの国 
原材料水あめ
砂糖
乳等主原料食品
加糖練乳
クリーム(乳製品)
食用油脂
食塩
香料
乳化剤
エネルギー402kcal (100g)
たんぱく質2.3g
脂質4.4g
炭水化物88.2g
ナトリウム147mg

これはね、飴によると思うんだ。春日井さんの飴・・おいしい。コーヒー飴の方は袋を開けた瞬間からコーヒーのいい香りがして、苦みもあってちゃんとコーヒー感がある。ミルク飴なんてそのまま舐めちゃうほど大好きな練乳が入ってるんだから、美味しくないわけがないじゃないか、もう。

カロリーは揃えたんだけど、甘味はクリアラテの方が強い。クリアラテに入った塩分の加減のせいなのか、飴の方のコーヒー感、ミルク感に甘味が隠れちゃったのか。あ・・書きながら気づいた・・飴に入ってる油脂のカロリーのせいか、、。←おバカ
と、とりあえず酸味がないからボクはこっちの方が飲みやすい。

氷が溶けて薄まっちゃったアイスコーヒーって感じだけど、ベタベタした甘さがない分ごくごく飲めちゃう。ただ、甘味が少なくて物足りなさを感じる人もいるかな?あとね、ミルク飴をいっぱい入れて甘〜いミルクコーヒーにしたらとっても美味しかった。

あれ?目的が変わってきちゃったね。
変わったついでにこんなこともしてみた。
バニラアイスにパラパラパラッ・・・

これは・・・うまいに決まってるじゃないか。このジャリジャリ感。カステラにはザラメが付いてないと!って人に特におすすめだよ。

下の記事の中で作ったミルク氷に振りかけてもおいしそ~↓↓

作り方簡単「アイスボックス風自作」サクレも!猛暑で販売休止なら氷を手作りしてみよう

クリアラテを自作するなら

今回飴ではクリアラテは作れなかったけれど、こういうのなら作れるかも?

お菓子やデザートに使うコーヒーエッセンス。紅茶や抹茶のエッセンスもある。少量で香りと風味がつくからよりクリアに近いものが作れそう。あと、甘味がないから純粋にコーヒーのフレーバーウォーターを求めるならこっちがいいね。

デトックスウォーターのようにコーヒー豆をそのまま水に浸けちゃっても面白そう。その場合豆に付いた油分が浮いちゃうんじゃないかって心配になっちゃう。水だしコーヒーの場合あまり油分は溶けださないから低温なら心配ないのかな?

ちなみに今回使った珈琲飴、ミルク飴にも油脂が入ってるけどどちらにも乳化剤が入ってる。乳化剤は水と油っていう交わらないものをサラッと混ぜてくれるんだ。だから今回のなんちゃってラテも油は気にならなかった。

おっと話がそれっちゃった。

思ったけど・・透明な飴があれば飴で透明ラテつくれちゃうよね。キャンディ界にも透明ブームはくる!?

フレーバーウォーター・フルーツ飴編

フレーバーウォーターって言ったら、やっぱり定番はフルーツ系だよね。いろはすの桃とか、なんでっていう程桃感が満載でおいしい。てわけでフルーツフレーバーウォーターに挑戦!

今回実験に使ったのはこれ。

なんと8種類もフルーツ飴が入ってる。こっちはさっきのコーヒー、ミルクと違って焦げた味は似合わない。大きさも小粒だから砕かずにこのまま使うことにした。時間をかければ水でも溶けるんだけど、今回は少量の水に入れてレンジで溶かしてから水を加える方法を取った。

普通に市販のフレーバーウォーターっぽいものができた!
飴1コで約4.3g、16.7kcal

100mlに1コで市販のフレーバーウォーターくらいの甘さだった。ちなみに「いろはす」のカロリーも商品によって違うけど17~20くらい。ボク、フレーバーウォーターは甘さほんのりが好きだから氷ドカッといれて薄まったくらいがちょうどいい感じ。

濃縮果汁を使ってるからちゃんとフルーツの味がする。水を入れたペットボトルにポイっと飴を入れとけば、フルーツフレーバーウォーターが・・・って完全にこれ、春日式だね。
こういうやつに・・

こういうカラフルなの入れれば・・

かわいい♡

実験結果:春日式も悪くない

飴ウォーターのいいところ

甘さ自由自在

販売されてるフレーバーウォーターが甘すぎるって人も結構いるんじゃないかな?実際結構な量の砂糖が使われてるしね。飴ウォーターなら飴の量を加減して自分好みの甘さのフレーバーウォーターが出来る。

使う飴によって色々こだわれる

例えば健康面が気になるなら、着色料、保存料など添加物の入っていない飴を選ぶ。羅漢果っていう天然甘味料を使った飴ならカロリーゼロのフレーバーウォーターが作れちゃう。(ただし、飲みすぎるとお腹が緩くなる可能性あり)
のど飴を使えば、喉に優しいフレーバーウォーター、暑い時期には塩レモンや、梅干し飴が熱中症予防ドリンクになっちゃうね。

実は・・普段飴ってほとんど食べないから、今回久々に飴買った(笑)
もらっても結局食べなくて・・なんて人はこれからはお水にポイしてみてね。